UbuntuのIP設定

設定ファイルを開く

1
$ vi /etc/network/interfaces

追記

1
2
3
4
5
6
# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
address 10.0.0.41
netmask 255.255.255.0
gateway 10.0.0.1

サービスの再起動

1
$ sudo service networking restart

参考

Configure Networking on Ubuntu



postgresql-on-ubuntu

Ubuntu 16.04.2 組み込みposgresの設定

postgresユーザは、パスワードがない

1
postgres=# ALTER USER postgres PASSWORD '****'

psql: FATAL: Peer authentication failed for user “postgres”の対応

1
2
3
4
$ sudo vi /etc/postgresql/9.1/main/pg_hba.conf
local all postgres peer
local all postgres md5

port open

1
2
3
4
5
# vi /etc/postgresql/8.2/main/postgresql.conf
#listen_addresses = 'localhost'
listen_addresses = '*'
$ sudo service postgresql restart

参考

How To Install and Use PostgreSQL on Ubuntu 16.04

Postgresql: password authentication failed for user “postgres”

Getting error: Peer authentication failed for user “postgres”, when trying to get pgsql working with rails


Sequelizeを使う

Sequelize

インストール

1
2
$ yarn add -D sequelize sequelize-cli
$ sequelize init

./config/config.json を修正する

モデル作成

1
$ sequelize model:create --name order --underscored --attributes user_id:string,price:string

DBに適用

1
$ sequelize db:migrate

ナルニア国物語4 カスピアン王子 (光文社古典新訳文庫)

動機

ナルニア国物語3に引き続き

あらすじ

「ライオンと魔女と衣装だんす」で活躍した4兄弟が、数百年経ったナルニアに再び呼び出される。廃墟にどこか懐かしい感覚を覚えた4人はそこがかつての城ケア・パラヴェルだと気付く。助けたドワーフから事情を聞いた4人は、ナルニアを元ある形に戻すための冒険をすることになる。

印象に残ったシーン

  • おもちゃは所詮おもちゃであって、口をきくことはできない。
  • 「ルーシーにはオールが大きすぎるよ」ピーターの口調がぶっきらぼうだったのは、きげんが悪かったからではなく、疲れすぎてしゃべる余裕がなかったのだ。
  • 「自分が王たるにふさわしいと言う者は、王たる資格のないことを証明したに等しい」

受けた影響

リーピチープとアスランのくだりでは、アスランが名誉を護るためではなく愛情に報いるために望みを受け入れる姿勢を見せられ、心を揺さぶられた。全編を通してアスランの在り方、常に隣いるかもしれないが決して誰のものにもならないという在り方を知ることに、価値を感じた。

次に読む本

5巻は未出版の為ナルニアはおやすみ。次はアーネスト・ヘミングウェイ 老人と海 を読む。


8/14 デッサン3

デッサン教室 8月第三回に行ってきた

動機

夏休みを利用して、午前中にデッサン教室に行った。

内容

講師は田丸先生。体験レッスンの時に受付とコース説明してくれた方だ。内容は前回に引き続き画用紙への円柱本番続き。開始時に輪郭の甘さと、左後ろに伸びる影をもう少し書くように指摘をもらった。2時間やって、最後に影が残ったとので時間持ち越しにした。

指摘事項

  • グラデーションのムラに気をつける
  • 縁取りが甘い、回り込むように、遠くの淵は薄く

次回

木曜の20時からにした


テニススクール体験 武蔵野ドームテニススクール

テニススクールの体験レッスンに2回行った

武蔵野ドームテニススクールの体験スクールにいった。料金は1000円、ラケットとシューズは無料で貸してもらえた。

動機

  • 運動不足の改善
  • 仕事以外の人と会話する機会ふやすため

内容

レッスンは90分、コーチが2人、生徒が私いれて7人。最初の60分は基礎的なこと、ボレー、ストローク、サーブの練習。最後の30分はコーチの球出しからはじまる試合形式だった。

指摘してもらったこと

ストロークの時に、足が固定されていない。足が固定して体を回すとうまく打てた。

次回

肘の痛みが落ち着いたら、他のスクールの体験にもいってみる。


ナルニア国物語3 馬と少年 (光文社古典新訳文庫) 感想

動機

ナルニア国物語2に引き続き

あらすじ

ナルニア国の隣国、カロールメン国で育ったシャスタと、カロールメン国の貴族の娘アラヴィスが出会い、ともにナルニア国を目指すお話

印象に残ったシーン

  • シャスタとアスランの会話

「わたしはあなたに向かってあなたのことを語るのであり、彼女のことを語るのではない。わたしはその人自身にかかわることのみを語る」

  • シャスタとアラヴィスが、アスランについて話すシーン

  • アラヴィスとアスランの会話

  • ブリーが落ち込むシーンと、アスランに慰められるシーン

受けた影響

ブリーとラバダシュをみていると、耳が痛くなるシーンが多くあった。カロールメンでは優秀であったブリーは、ナルニアや他の場所ではそうではない可能性を知った。「若いうちに愚かであることを知ることができる馬(人も同じだろう)はさいわいである」とアスランは言った。ラバダシュはアスランの話しを聞いても最後まで怒りを捨てることが出来なかった。自分にも活かしたいと感じた。

次に読む本

続いて、ナルニア国物語4へ